手術室看護師

手術室で働く看護師がいます。その仕事内容は病棟で働く看護師とも、外来の看護師とも気色が全く違うのでよく手術室看護師は潰しが利かないとも言われますがそのぶん専門的です。主な仕事は器械出しと外回りの2つに分かれます。器械出しは、ドラマなどで手術室中の医師が「メス」と言って差し出した手にメスを乗せる看護師のことです。その手術の流れを完璧に理解し把握して、次に使う機器を準備するのです。手術の流れを把握することはもちろん、その医師によって癖などもあるのでそれも覚えておかなければなりません。出来ない場合は医師に怒られたりすることも普通にあります。長時間に及ぶ手術になると集中力が途切れるので交代することもあります。そして外回りですが、外回りは患者さんが手術室に入ってから出るまでをサポートします。手術前に患者さんを訪問して手術の説明などをして、病棟看護師から申し送りされ手術室では手術に必要な機器を設定したり、患者の体位を保持したり、麻酔の介助などと行います。そして手術が終わると術後訪問をして病棟看護師に申し送りをします。どちらも手術に関わる重要な役目を担うので専門的な知識が必要になってきます。他の場所で看護師をしていた人も手術室看護師として働くことになると新しいことを一から覚えなければならずとても苦労するそうです。また、看護師になって最初から手術室看護師になりそのままずっとやると経験値的に足りなくなるので3年ほど経験したら他の科に異動願を出した方が経験値を積むことが出来るという意見もあります。まさに、前述したとおり潰しが効かないのでしょう。ですがやりがいはとてもあるところなので一度くらいは経験してもいいと思います。ただ、オペ室看護師の求人はあまり見ないので、やりたいと思った方は面接のときなどに申し出てみるといいかもしれませんね。

Theme by RoseCityGardens.com